逆流性食道炎について

逆流性食道炎

起床時に口の中が苦い、胸やけ、胃酸が逆流する、飲み込むときにつかえる、などの症状があれば、胃食道逆流症と考えます。上部消化管内視鏡(胃カメラ)で食道下部に粘膜傷害が見られた場合、逆流性食道炎と診断されます。
慢性的に咳やしわがれ声があり、呼吸器疾患や耳鼻咽喉科疾患としてその分野の専門医を長く通院するも改善しない例では胃食道逆流症を疑います。胸の痛みがあり、狭心症と思い循環器内科を受診された方もおられます。最近増加傾向にあり、飲酒、肥満、加齢、過食や高脂肪食、食道裂孔ヘルニアなどが原因とされています。胃切除後にもみられることがあります。
早食い・暴飲暴食・高脂肪食を控える、食後はすぐに横にならない、ダイエットするなど、生活習慣の改善、そして、胃酸の分泌を抑える酸分泌抑制薬の服用が有効です。

逆流性食道炎